Lord Chancellor’s Lodgings / 大法官寄宿舍 / Rumah Tumpang Lord Canselor / 大法官公舎

The Lord Chancellor’s Lodgings in South East London.

伦敦东南部的大法官寄宿舍。

Rumah Tumpang Lord Canselor di London Tenggara.

南東ロンドンの大法官公舎。

Built in 1420.

建于1420年。

Dibina pada tahun 1420.

1420年建。

Now it’s a private residence.

现在是一间私人住宅。

Kini ia sebuah rumah kediaman sendirian.

今は私邸になっています。

Middle Park, located not far away from the country house.

离开那别墅不远的米德尔公园。

Taman Middle yang terletak tidak jauh dari rumah desa itu.

その別荘から遠くないミドル・パーク。

Canary Wharf.

金丝雀码头。

Dermaga Kenari.

カナリー・ワーフ。

Lime tree.

欧椴树。

Pokok lime.

シナノキ(科の木)。

London, England. February 2010.

英格兰,伦敦。2010年2月。

London, England. Februari 2010.

イングランド、ロンドン。2010年2月。

Advertisements

10 thoughts on “Lord Chancellor’s Lodgings / 大法官寄宿舍 / Rumah Tumpang Lord Canselor / 大法官公舎

  1. 青空の下にすっくりと立つシナノキがとても大きいし、きれいですね。建物は色づかいもデザインもとっても不思議です。つい日本の踏切や工事現場を思い出してしまうのですが、建てた人や住む人は気に入ったのでしょうね。

  2. 大法官って、
    あまり聞きなれない言葉ですが、
    裁判長のトップみたいな役職でしょうか。
    それにしてもユニークな色合いです。
    お菓子の家みたいですね。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s